青汁を選ぶときに抑えておきたいポイント

野菜と青汁

大麦若葉の特徴

青汁でよく原料となっている大麦若葉にはどんな効果があるのでしょうか。いろんな種類のビタミンが豊富に含まれており、SDO酵素というものも含まれるのでアンチエイジングやダイエット、免疫力アップに期待できます。

READ MORE
青汁

美味しい青汁

青汁を選ぶときはどのようなことをチェックしたら良いのでしょうか。加熱処理のことはもちろん添加物の有無も確認しましょう。また、青汁を続けている人の感想も合わせて確認するといいでしょう。

READ MORE

新着情報

青汁で摂取できる健康に嬉しい栄養素ランキング

no.1

ビタミンC

美肌や免疫力を高める効果が知られているビタミンCは、皮膚や血管の老化を防ぐ力があります。ビタミンCの有名な働きの1つが抗酸化作用です。細胞を傷つける活性酸素を除去する力のことで、その働きで細胞の老化を予防するのです。水溶性のビタミンで水に溶けやすいという特徴があるビタミンCも、青汁なら効率よく摂取できるでしょう。

no.2

ビタミンE

ビタミンCに続いて、こちらも強い抗酸化作用があります。その働きによって血液や肌を綺麗にすることができるでしょう。また、ビタミンEには血液をサラサラにする力もあります。そのため、生活習慣病の予防やアンチエイジングに効果的な栄養素としても知られているのです。さらに、ビタミンEにはホルモンのバランスを整える働きもあります。

no.3

カリウム

むくみ解消にいいとよくいわれるカリウムも青汁にはたくさん含まれている栄養素です。カリウムには利尿作用があるので、余分な水分や老廃物、塩分を体から排出しやすくします。体から余分な水分を排出することでパンパンだった血管に余裕が生まれ、血圧を下げることができるのです。また、カリウムには筋肉の働きをよくする作用もあるようです。

no.4

食物繊維

いろいろな野菜がたくさん含まれている青汁は食物繊維がたっぷりはいっています。食物繊維には2つの種類があり、一方は水分を含んで膨らみ腸の運動を促します。そして、もう一方は粘性があり腸の中でゆっくり動いて満腹感を持たらすと考えられています。この2種類の食物繊維のお陰で便通の改善やミネラルの吸収率アップ、生活習慣病の予防などが期待できます。

no.5

カルシウム

青汁は意外にもカルシウムをたくさん含んでいます。カルシウムは骨や歯を作る栄養素として知られており、摂取することで子どもの成長の助けになるでしょう。また、骨がスカスカになってしまう骨粗鬆症という病気を防ぐためにも必要な栄養です。カルシウムには神経を鎮める作用もあります。カルシウム不足がイライラの原因になることもあるので気をつけましょう。

人気の高い青汁を厳選公開♪
自分に合った商品を見つけ出そう☆大麦若葉を配合している青汁を飲もう
初回限定セットを提供中!

青汁に含まれる栄養素

青汁

豊富な種類の野菜が含まれている

たくさんの栄養が含まれている青汁は様々な野菜が原料となっています。主に原料としてよく使われるのが、ケールや大麦若葉、明日葉やよもぎ、桑の葉などがあります。使われている野菜の種類によって入っている栄養の量も変わるのでしっかり確認したほうがいいいでしょう。

野菜ジュースと青汁は違うもの

野菜がたくさん含まれている飲み物といえば、青汁の他に野菜ジュースがあります。しかし、野菜ジュースには青汁と違い原料にリンゴやみかん、レモンやマンゴーなどといった果物が含まれることが多いのです。そのため、青汁よりも糖分が多く飲みやすい口当たりになっています。

熱処理をしない青汁の方が栄養が高い

野菜ジュースは青汁と同じで野菜を含んでいますが、青汁と比べると栄養価が低くなります。その理由は加熱処理がされるためです。加熱処理されるとビタミンのような栄養素が破壊されてしまうのです。青汁のなかにも加熱処理するものはありますが、きちんと栄養摂取できるよう考えて作られています。

青汁にはいろいろなタイプのものがある

野菜ジュースは飲料用のものがほとんどなのに対して、青汁には粉末やサプリメントといった違う形で摂取することができます。粉末の青汁が苦手だという場合はサプリメントになっているものを摂取するといいでしょう。最近ではジェル状の青汁というものもあるようです。

広告募集中